フラスコで実験する人

男性も自分の精子の状況を検査してみよう

説明している医師

子供が欲しいのに授からなくてお悩みのご夫婦の皆さんは、不妊治療を受けるにあたり検査をしようか検討しているかと思います。しかしこの治療を受ける前の検査は、女性だけ受ければいいという訳では無いのです。実は精子の数が少なかったり、質が悪いなどの男性側の問題も考えられます。精子の数や質などに問題がある事を知らずに体外受精に臨んでも、採取の際に選べる元気な精子の数も減る訳ですから、受精確率も下がってしまう事が考えられます。
不妊治療クリニックは女性ばかりのイメージで検査を受けに行くのに抵抗がある方も多いとは思いますが、男性専用の不妊治療クリニックもあるので安心して検査を受けられます。また、男性専用のクリニックの方が高精度精子検査がしっかりしていて、相談もしやすいという利点があります。不妊治療は夫婦2人で支え合って協力しないとなかなか授かれません。
どちらか一方だけ頑張っても精神的に疲れてしまうだけで、受精確率もモチベーションも下がってしまいます。ですので、もしかしてと思ったらぜひ男性も不妊治療専門クリニックに相談して検査を受けてみてください。自分の精子の状況を検査により確認する事によって不妊治療の進み具合が大きく変わるので、まずはご相談をおすすめ致します。

最新情報

男性も自分の精子の状況を検査してみよう

説明している医師

子供が欲しいのに授からなくてお悩みのご夫婦の皆さんは、不妊治療を受けるにあたり検査をしようか検討しているかと思います。しかしこの治療を受ける前の検査は、女性だけ受ければいいという訳では無いのです。実は精子の数が少なかったり、質が悪いなどの男性側の問題も考えられます。精子の数や質などに問題がある事を知らずに体外受精に臨んでも、採取の際に選べる元気な精子の数も減る訳ですから、受精確率も下がってし…

液体の変化を観察する

精液検査で精子の状態をチェックしよう

赤ちゃんがなかなか授からない理由は、女性側だけにあるとは限りません。男性側だけ、もしくはカップルの両方に原因が見つかるケースも多く存在しています。男性側の原因を見つける代表的な方法は、「精液検査…

もっと詳しく

遺伝子の構造

男性不妊専門のクリニックなら高精度の精子検査ができます

不妊に悩んでいるご夫婦は、意外と身近にもたくさんいらっしゃいますが、男性側に不妊の原因があることも少なくありません。それにも関わらず、男性の方で精子検査を積極的に行う風潮にはまだなっていないのが…

もっと詳しく

試験管と化学のイメージ

体外受精の前に不妊治療専門クリニックで精子検査を受けましょう

夫婦で赤ちゃんを望んでいるのに、なかなか授からない。そんな状態が一年続いた場合、医学的に「不妊」とされます。国際的な機関によると、不妊治療に取り組む夫婦のうち、半分近くは男性側に原因があるとされ…

もっと詳しく