フラスコで実験する人

精液検査で精子の状態をチェックしよう

液体の変化を観察する

赤ちゃんがなかなか授からない理由は、女性側だけにあるとは限りません。男性側だけ、もしくはカップルの両方に原因が見つかるケースも多く存在しています。男性側の原因を見つける代表的な方法は、「精液検査」です。これは、実際に精子の様子を観察し、結果を数値化するものです。どのくらいの精子が運動しているのか、奇形のある精子がいないか、精液の量や濃度に問題はないかなど、さまざまな角度で分析することができます。
この結果をもとに、自然に受精できる可能性があるのか、それとも人工授精や体外受精に進んだ方がいいのかを検討することも可能になります。場合によっては、顕微授精を勧められる可能性もあります。また、精索静脈瘤などの可能性を指摘されるケースも珍しくありません。「精液検査」と聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、実際はとてもシンプルな検査です。
自宅や病院内に併設されている採精室などで得た精子を提出し、検査結果を待つだけ。早ければ、その日のうちに結果を聞くこともできます。また、平均的な数値も知るため、何度か検査をするというケースも見られます。費用もそこまで高くはないので、不妊に悩んでいる人はまず不妊治療専門クリニックに相談するのがおすすめです。

最新情報

男性も自分の精子の状況を検査してみよう

説明している医師

子供が欲しいのに授からなくてお悩みのご夫婦の皆さんは、不妊治療を受けるにあたり検査をしようか検討しているかと思います。しかしこの治療を受ける前の検査は、女性だけ受ければいいという訳では無いのです。実は精子の数が少なかったり、質が悪いなどの男性側の問題も考えられます。精子の数や質などに問題がある事を知らずに体外受精に臨んでも、採取の際に選べる元気な精子の数も減る訳ですから、受精確率も下がってし…

液体の変化を観察する

精液検査で精子の状態をチェックしよう

赤ちゃんがなかなか授からない理由は、女性側だけにあるとは限りません。男性側だけ、もしくはカップルの両方に原因が見つかるケースも多く存在しています。男性側の原因を見つける代表的な方法は、「精液検査…

もっと詳しく

遺伝子の構造

男性不妊専門のクリニックなら高精度の精子検査ができます

不妊に悩んでいるご夫婦は、意外と身近にもたくさんいらっしゃいますが、男性側に不妊の原因があることも少なくありません。それにも関わらず、男性の方で精子検査を積極的に行う風潮にはまだなっていないのが…

もっと詳しく

試験管と化学のイメージ

体外受精の前に不妊治療専門クリニックで精子検査を受けましょう

夫婦で赤ちゃんを望んでいるのに、なかなか授からない。そんな状態が一年続いた場合、医学的に「不妊」とされます。国際的な機関によると、不妊治療に取り組む夫婦のうち、半分近くは男性側に原因があるとされ…

もっと詳しく